概要

1.      主催 

富山県・社団法人富山県農林水産公社

2.      後援

富山県教育委員会・富山県高等学校校長協会・有峰森林文化村会議・北日本新聞社

3.      目的

   力のある森「有峰」で、高校生が主体的に生物研究を行い、その経験を今後の学びの糧として活かす。

有峰を知ることで、富山県の自然環境への理解と愛着を深める。

4.      内容

   有峰の動植物について、生物講師のサポートのもと共同研究を行う。

5.      対象

富山県内の高校生

6.      指導

富山県高等学校教育研究会生物部会


 

 

研究活動計画

研究では、動物班と植物班に分かれて行動します。

《主な内容》

    動物班

有峰の動物相〜ダニからニホンザルまで〜

(哺乳類,魚類,両生類,昆虫,水生昆虫,土壌動物等の行動調査)

    植物班

有峰の森林群落〜猪根のブナ林・冷タ谷のカラマツ林・折立のオオシラビソ林〜

(植生調査による多様性,階層構造,CO2吸収量などの解析)

 

《日程》多少の変更あり

(1) 第1回

日付

 

動物班

植物班

7/10

午前

オリエンテーション,有峰の概要

猪根山遊歩道での観察

班分け(動物班・植物班)

午後

    カエル等の水生動物捕獲調査

    昆虫の採集調査

    植物観察

    自記温度計の設置

(2) 第2回

日付

 

動物班

場所

植物班

場所

8/2

午前

  ミドリシジミの時間的棲み分けの観察

  哺乳類のフィールドサイン(糞,食痕)調査

峠谷方面

  調査方法の説明

  ブナ林のコドラート調査

猪根山

午後

  サンショウウオ,イワナ,水生昆虫の採集調査

  落葉層の採取

  ブナ林のコドラート調査

夕方

  夜間観察モニターカメラ設置

  トラップ設置(ネズミ・昆虫)

  ツルグレン装置に土をセット

  植物の同定

  標本作り

 

有峰ハウス

有峰の歴史と文化について〜たき火を囲んで〜

  昆虫の展翅

  モニターカメラによる動物観察

  星空観察

8/3

  トラップの点検

 

午前

  昆虫採集

  水生動物採集

  哺乳類フィールドサイン調査

真川流域の林道

  カラマツ林のコドラート調査

冷夕谷

午後

  オオシラビソ林のコドラート調査

折立

夕方

・トラップの点検・設置

  植物の同定

  標本作り

有峰ハウス

講義 有峰の動植物をめぐる最近の話題

ナイトハイク

  昆虫の展翅

  モニターカメラによる動物観察

  土壌動物の顕微鏡観察

 

8/4

午前午後

  トラップの回収

  データ整理

  後片づけ

  データ整理,解析

  後片づけ

 

(3) 3回

日付

 

動物班

植物班

9/25

午前午後

  トラップの点検,回収

  哺乳類フィールドサイン調査

  土壌動物調査

  データ整理,後片づけ

・有峰ハウス周辺の散策

・温度計の回収

・データ解析,まとめ

研究発表会