第11回 ありみね高校生学びの森

 

 


― 2014.8月6日(水)〜8日(金)

 

 

ニュースレター No.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

概 要

 

 

 平成26年8月6日(水)〜8日(金)の2泊3日の日程で「ありみね高校生学びの森」

を16名の高校生及び16名の講師の高等学校等の先生方をお迎えして開催しました。

 深緑の有峰で、森の中を散策し、動植物の観察などの学習を通じて有峰の自然を体感し

ていただくため、高校生と講師が一体となって学びました。

 

 1日目は、有峰ハウスでオリエンテーション後、動物班は峠谷で水生生物の採集調査、桐

山でシャーマントラップ設置、土壌生物採集調査。夜は有峰ハウス別館で哺乳動物の座学、

魚、両生、爬虫類の観察・測定、水生昆虫の観察、昆虫の座学、土壌動物の観察をした。 

植物班は冷タ谷へ出発しライントランセクト、方形区調査、光合成速度の測定調査。夜は有

峰ハウスで光合成速度実験、CO2放出速度測定をした。

 2日目は、動物班は桐山へ移動し、前日設置したシャーマントラップの回収、猪根山遊歩

道で昆虫採集、西谷へ移動し魚類・水生昆虫採集。猪根平でシャーマントラップとピットホ

ールトラップを設置。夜は有峰ハウス別館でシャーマントラップで捕獲した哺乳動物の観察

測定、魚類・両生・爬虫類の観察測定、水生昆虫の観察、昆虫の標本作成、ライトアップ後

昆虫観察、土壌動物の観察。植物班は猪根山で方形区調査、光合成速度調査、東西半島でラ

イントランセクト調査。夜は有峰ハウスで光合成速度データログ解析、光合成速度解析、森

林群落解析をした。

 3日目は、動物班は猪根平でピットホールトラップとシャーマントラップの回収。有峰ハ

ウス別館でデータまとめ作業、調査報告発表まとめ作業をし、調査報告発表をした。植物班

は有峰ハウス別館でブナの実生の観察、リタートラップの回収をした。有峰ハウス周辺で光

合成速度の測定、データまとめ作業、調査報告発表まとめ作業をし、有峰ハウス別館で調査

報告発表をした。

 

 

 

 

活動MAP 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありみね高校生学びの森 講師

No

所属

氏名

分担

1

県立泊高等学校

中村 和貴

 

動物

2

県立入善高等学校

末上 麻衣

 

動物

3

県立滑川高等学校

福田 有希子

 

動物

4

県立上市高等学校

水上 令子

 

動物

5

県立上市高等学校

江上 有紀

 

動物

6

県立上市高等学校

佐藤 卓

植物

 

7

県立富山東高等学校

金子 靖志

植物

 

8

県立伏木高等学校

中村 友美

 

動物

9

県立高岡南高等学校

細口 義晃

 

動物

10

県立志貴野高等学校

松村 勉

植物

 

11

県立氷見高等学校

中島 秀章

 

動物

12

県立氷見高等学校

堺  康浩

 

動物

13

県立氷見高等学校

藤井 泰紀

 

動物

14

県立南砺福野高等学校

木原 洋子

植物

 

15

富山第一高等学校

氷見 栄成

植物

 

16

県民カレッジ砺波地区センター

寺井 康之

 

動物

 

 

 

 

 

活動風景

 

・8月6日(水)、7日(木)、8日(金)第11回「ありみね高校生学びの森」活動写真

 

 ●有峰ハウスにてオリエンテーション

 

・開催の挨拶            ・班に分かれて活動の説明状況

 

動物班の活動風景

野外調査

  

・峠谷の沢にて水生生物の採集調査     ・桐山でイノシシが荒らした痕跡

 

                       

・猪根山遊歩道での昆虫採集     ・別館裏でのピットホールトラップ設置

 

  

・シャーマントラップの準備          ・イワナの稚魚

 

 

 

分析・まとめ

  

・土壌動物のハンドソーティング      ・水生昆虫の調査のまとめ状況

 

 

 

  

・昆虫の調査のまとめ状況      ・魚、両生、爬虫類の調査のまとめ状況

 

 

 

  

・哺乳類の調査のまとめ状況        

 

 

 

報告書の発表(動物班)

・土壌動物の調査、研究

 

 

 

  

・峠谷と西谷と真川の水生昆虫調査        ・ありみね昆虫調査

 

 

 

  

・魚類、両生類、爬虫類の調査         ・哺乳類の調査

 

 

 

植物班の活動風景

野外調査

  

・説明胸高直径、樹高などの調査状況     ・葉の二酸化炭素吸収量の調査

 

 

 

  

・ライントランセクト法              ・方形区調査

30mの間にある樹木の調査状況

   

光合成速度調査              ・実生調査

 

 

 

分析・まとめ

  

・光合成速度の調査のまとめ状況    ・ライントランセクト調査のまとめ状況

 

 

報告書の発表(植物班)

  

・方形区調査、光合成速度         ・ライントランセクト調査