第10回 ありみね高校生学びの森

 

 


            ― 201387日(水)〜9日(金)

 

ニュースレター No.2

 

平成25年8月7日(水)〜9日(金)の2泊3日の日程で「ありみね高校生学びの森」

を17名の高校生及び19名の講師の高等学校の先生方をお迎えして開催しました。

 深緑の有峰で、森の中を散策し、動植物の観察などの学習を通じて有峰の自然を体感し

ていただくため、高校生と講師が一体となって学びました。

 

 1日目

有峰ハウスでオリエンテーション後、動物班は大多和峠でラジオテレメトリー調査、峠谷

で水生生物の採集調査、桐山でシャーマントラップ設置、土壌生物採集調査を行い、夜、有

峰ハウス別館でシャーマントラップで捕獲した哺乳動物調査、ライトアップ設置後昆虫観察

をしました。 

植物班は、冷タ谷へ出発しライントランセクト、方形区調査、光合成速度の測定調査を行い、夜、有峰ハウスで光合成速度実験、CO2放出速度測定をしました。

 2日目

動物班は桐山へ移動し、前日設置したシャーマントラップの回収、猪根山遊歩道で昆虫採集、西谷へ移動し魚類・水生昆虫採集を行い、猪根平で昆虫トラップの設置、夜、シャーマントラップで捕獲した哺乳動物の観察測定、魚類・両生・爬虫類の観察測定、水生昆虫の観察、昆虫の標本作成、ライトアップ後昆虫観察、土壌動物の観察を行いました。

植物班は、猪根山で方形区調査、光合成速度調査、東西半島でライントランセクト調査、西谷へ移動し、ブナの実生調査を行い、夜、有峰ハウスで光合成速度データログ解析、光合成速度解析、森林構造解析をしました。

3日目

動物班は、猪根平で昆虫トラップの回収、シャーマントラップの回収を行い、有峰ハウス別館でデータまとめ作業、調査報告書の作成作業を行い、5班に分かれて「土壌動物」「水生生物」「昆虫」「魚・両生類・爬虫類」について調査報告の発表をしました。
 植物班は、有峰ハウス周辺にて光合成速度の測定、データまとめ作業、調査報告書の作成作業を行い、3班に分かれて「光合成速度」「方形区調査」「有峰における森林構造」について調査報告の発表をしました。

高校生に感想を聞くと、知り合いのいないところで3日間を過ごすのは心配だったが2泊3日の有峰では、多くのことを学び楽しく過ごすことができた。樹木のことを知らなかったがたくさんの植物にふれあうことができ、良い経験になった。と、思いを語っていました。

  活動MAP

第10回「ありみね高校生学びの森」   夏季日程表
(参加者17名・講師19名)

  

 

活動風景
 

 ●有峰ハウスにてオリエンテーション

  
     ・開催の挨拶              ・活動の説明状況

動物班の活動風景

野外調査

 
 ・ラジオテレメトリー調査 熊に付いている      ・峠谷にて水生生物の採集調査
 発信機の位置を受信する調査状況         

 

 
  ・ネズミの捕獲方法の説明状況       ・猪根山遊歩道、昆虫採集調査

 
     ・魚類の採集調査状況         ・セルロースを使った実験
 

分析・まとめ

 
  ・土壌動物の調査のまとめ状況       ・水生昆虫の調査のまとめ状況
 

 
    ・昆虫の調査のまとめ状況      ・魚、両生、爬虫類の調査のまとめ状況  

 

  
   ・哺乳類の調査のまとめ状況
 

報告書の発表(動物班)


   ・土壌動物の調査、研究
 

 
  ・峠谷と西谷と真川の水生昆虫調査      ・ありみね高校昆虫調査

 

 
  ・魚類、両生類、爬虫類の調査     ・有峰フィールドサインマップ2013  

 

植物班の活動風景

野外調査

 
 ・説明胸高直径、樹高などの調査状況    ・葉の二酸化炭素吸収量の調査  

 

 
 ・ライントランセクト(50m間にある       ・方形区調査
 樹木の種類調査)

 
     光合成速度調査              ・実生調査
 

分析・まとめ

 
  ・光合成速度の調査のまとめ状況       ・方形区調査のまとめ状況


・有峰における森林構造の調査のまとめ状況


報告書の発表(植物班)


       ・光合成速度

 
        ・光合成速度            ・呼吸速度、CO2濃度の変化

 

 
       ・方形区調査               ・方形区調査
 

 
      ・方形区調査             ・有峰における森林構造


    ・有峰における森林構造