********************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/
有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン

有峰森林文化村新聞 2014年10月31日 第322号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/村田和彦
(発行日現在の有峰村民人口:814人)
********************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆有峰の今                       有峰森林文化村
◆冷タ谷日記から                    有峰森林文化村
◆ねじばな便り
 〜総合的に考えることの苦手な日本〜            中川 正次
◆編集局からのお願い                 有峰森林文化村
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
◆有峰の今                       有峰森林文化村
──────────────────────────────────
 有峰は今、カラマツが黄色く紅葉しています。ここ猪根平では連日、霜が
下りて真っ白になりました。初雪も近いと思われます。
 ほかの広葉樹は、ほとんど落葉しました。昨年より1週間ほど早いようで
す。
 森林文化村が主催する行事は、去る10月25日〜26日に開催した「山じまい
感謝の集い」で終了いたしました。どうもありがとうございました。
 林道閉鎖は、11月12日頃の予定です。落ち葉を踏みしめながら残り少
ない晩秋の有峰を散策してみませんか。お待ちしています。

  
○有峰ハウス前駐車場から薬師岳を望む   ○有峰展望園地から冷タ谷方面を望む
 (撮影年月日:10月30日 10:30頃)    (撮影年月日:10月30日 8:10頃)
 
 

──────────────────────────────────
◆冷タ谷日記から                    有峰森林文化村
──────────────────────────────────
 冷タ谷キャンプ場のご利用は、10月20日に終了いたしました。
今年度は、宿泊、日帰りとも昨年以上のご利用がありました。どうもありが
とうございました。
 キャンプ場のロッジ内に「冷タ谷日記」という自由ノートが置いてありま
す。その書き込みのいくつかを紹介いたします。

(8/2〜8/3)
 おとなはビールわいわいでした。子どもはめいわくでした。
午後9:24現在、外気温18℃(あったかい)
きつねのしっぽがみえました。くわがたとりもいきました。(めすだけ)
みずうみがひかってきれいだったです。
くわがたをつかまえにいったとき、ガがいっぱいいてこわかった。でもはじ
めて来たけれど楽しかった。

(8月5日〜6日)
 千葉県市原市から来ました。初めて来て、有峰ってどんな所かなと楽しみ
にして。こんな大自然があるなんてすばらしかったです。
 自然がなくなりつつ、有峰もこれ以上汚さないでいつまでも残ってほしい
です。自然を大切にしよう。又遊びに来るのでよろしくお願いします。

(8月9日)
 10年前にキャンプに来ていらい、どうなっているか来てみました。

(8月14日15日)
 たきつぼでおよぎました。魚は、つれなかったけどとってもたのしかった
です。小5

(8月30日(土))
 針原有峰語り部講の旅
針原地区23人でバスに乗りやってきました!!
冷タ谷遊歩道を歩き、おいしい昼食弁当いただきました。
今から「ふるさと」唄います。


──────────────────────────────────
◆ねじばな便り
 〜総合的に考えることの苦手な日本〜            中川 正次
──────────────────────────────────
 国土交通省がリニア新幹線の着工を認可しました。私は、なぜ作るのか理
解できません。理由は、2つ。節電しなければならないのに、なぜ、電気を
たくさん必要とする乗り物がいるのかわからないこと。雇用、福祉、年金、
教育などと比べて、はるかに優先順序の低い、速く移動する交通機関に財政
投入する必要がわからないこと。リニア新幹線は全部、JR東海が東海道新幹
線の儲けを突っ込んで作るのではありません。地元負担があるのです。

 スローライフがいいという人が、相当の割合でおられます。しかし、リニ
ア新幹線がマスコミの大きな話題にならないことが、私には理解できません。
速く移動することが人類の夢だなんてことを撒き散らすのは、もうやめても
らいたいです。戦争がないこと、健康に暮らすこと、雇用がちゃんとあるこ
と、自然が守られていることなどこそが夢なのであって、科学技術の追求が
いいことだとは限りません。

 同じ敗戦国でありながら、ドイツはリニア新幹線の開発をやめました。議
論の末、いらないと判断したからです。どうも、日本は総合的に判断すると
いうのが苦手なようです。足ることを知ることを教義とする仏教界が、どう
して、異議を唱えないのか不思議です。

 専門家の人たちが誤った情報を提供し、国家が誤った判断を下した場合、
その専門家の人たちが責任をとった例を私は知りません。判断を下した個人
が責任をとることは、まずありません。元に戻れない損害が発生することが
しばしばで、しかも、国家が税金で値切った賠償するだけです。加えて、専
門家という人たちは、カタカナや数字で煙にまくことが得意です。

 人間としての常識で総合的に考えること。とりわけ、これまでの歴史の中
で起こってきたこと、よその国で起こっていることを学び、判断すること。
それが、知恵というものだと思います。したがって、読書が基礎であること
はいうまでもありません。その読書と並んで、森の中を一人で歩きながら考
える。さらには、二人で歩きながら知恵を紡ぎあう。こんなことが、楽しい
し大事だと思います。


──────────────────────────────────
◆編集局からのお願い                  有峰森林文化村
──────────────────────────────────
◇ホームページありみネット 
    http://www.arimine.net/mysite2/index.html へのリンク
◇文化サークル活動所/有峰デジタル画廊にどしどし投稿お待ちしています。
 (デジタル写真でも絵画(写真に撮って)投稿ください。)
  有峰森林文化村新聞は村民の交流の場として利用してください。
◇有峰森林文化村では皆様からいただいた情報やご意見、感想を掲載いたし
 ますので、どしどし投稿をお待ちしております。
◇あて先   E-メール:info@arimine.net
◇お願い 
 有峰森林文化村新聞のお問い合せなどの返信メールは、受付が出来な
いシステムになっていますので、ご留意をお願いします。
 (一斉配信のため)
           有峰森林文化村助役(編集長)
──────────────────────────────────