********************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/
有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン

有峰森林文化村新聞  2014年9月19日 第319号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/村田和彦
(発行日現在の有峰村民人口:810人)
********************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「山じまい感謝の集い」の参加者募集中!!      有峰森林文化村
◆「秋の恵みの集い」の参加者募集中(再掲)残り僅か! 有峰森林文化村
◆8月に寄せられた俳句                有峰森林文化村
◆ねじばな便り へのお便り                石川たかね
◆編集局からのお願い                 有峰森林文化村
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
◆「山じまい感謝の集い」の参加者募集中!!
   "募集期限 平成26年10月15日(水)まで、先着順です。"
                           有峰森林文化村
──────────────────────────────────
       ~有峰の森は紅葉が真っ盛り~

 紅葉の有峰で、森を散策しながら自然観察や小枝、木の実など森の恵みに
 よるクリスマスリースやしめ飾りなどのクラフト体験をしませんか。
 

     

1 開催日  平成26年10月25日(土)~26日(日)
        (※募集期限 平成26年10月15日(水))

2 主 催  公益社団法人富山県農林水産公社(富山県の指定管理者)

3 活動内容 ○森を散策しながらの自然観察
       ○森の恵みを使ったクリスマスリースやしめ飾りづくり
      講師:森林インストラクター 木内 静子氏、沢田 恵美子氏

4 対象者  有峰村民(有峰村民の登録はいつでもお受けしています。)

5 定 員  25名(先着順)

6 参加費  4,900円
       (一泊二食の費用です。※バス代・リースの材料費は無料)

7 宿泊地  富山市有峰26-37  有峰ハウス(電話076-481-1758)

8 交通手段 主催者が準備する無料バスにて参加できる方又はマイカーで
      参加される方
    行程 ○行き
        10月25日(土)
        富山駅北口(10:30) ~ 立山あるぺん村(11:10)
        有峰ビジターセンター(12:00)着
         ※1 立山あるぺん村で途中乗車ができます。
         ※2 有峰ビジターセンター集合(13:00)
            (マイカーで参加される方は、13時までに集合)
         ※3 バスに乗車される方は、弁当持参でお願いします。
         ※4 夕食時に懇親会を開催します。
       ○帰り 
        10月26日(日)
        有峰ビジターセンター(14:30) ~ 立山あるぺん村
        (15:30) ~ 富山駅北口(16:30)着
         ※1 朝食は、参加者等が行う餅つきによるお餅
         ※2 昼食は、朝のお餅、足りない方は有峰レストラン
           でお願いします
                
9 申込方法 郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・性別・年齢・電話
      番号・交通手段(バス又はマイカーのいずれか)・バスの場合
      は乗車場所(富山駅北口又は立山あるぺん村のいずれか)を記
      載したはがき又はファックス、E-メールにて申込みを受け付け
      ています。

  (申込先)930-1458
       富山市有峰26-37
       公益社団法人富山県農林水産公社
       有峰ビジターセンター「山じまい感謝の集い」係
          電話 076-481-1758   FAX 076-481-1758
         E-メール:info@arimine.net


──────────────────────────────────
「秋の恵みの集い」の参加者募集中!! 
        先着順です。残り数名です。    有峰森林文化村
──────────────────────────────────
    ~紅葉の有峰を満喫してみませんか~

1 目 的  紅葉の有峰で、森の散策によるキノコ採りやキノコの利用方法
      などを学び、有峰の自然の豊かさを五感を通じて体感してみま
      せんか。
2 開催日  平成26年10月15日(水)~16日(木)
      (※募集期限 平成26年9月30日(火)まで)
3 主 催  公益社団法人富山県農林水産公社
      (富山県有峰森林文化公園の指定管理者)
4 活動内容 ○キノコ採りとキノコに関する学習
      講師:栗林義弘 氏(富山県中央植物園友の会 キノコ部会長)
5 対象者  18歳以上の方(初心者の方、歓迎します。)
6 定 員  25名(先着順)
7 参加費   一人6,700円(一泊3食の費用です。)
      なお、初日の昼食は、弁当持参でお願いします。
8 宿泊地  富山市有峰26-37 有峰ハウス(電話076-481-1758)
9 交通手段  主催者が準備する無料バスにて参加できる方に限ります。
    行程 ○行き 10月15日(水)
          富山駅北口(9:00)~立山あるぺん村(9:50)
          有峰ハウス(10:40)着
         (立山あるぺん村で途中乗車ができます。)
      ○帰り 10月16日(木)
          有峰ハウス(15:00)~立山あるぺん村
         (15:50)~富山駅北口(16:30)着
         (立山あるぺん村で途中下車ができます。)
10 申込方法 郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・性別・年齢・電話番号・
      乗車場所(富山駅北口又は立山あるぺん村のいずれか)を記載
      したはがき又はファックス、E-メールで申し込みを受け付けて
      います。
11申込先 〒930-1458 富山市有峰
      公益社団法人富山県農林水産公社
       有峰ビジターセンター「秋の恵みの集い」係
       電話 076-481-1758  FAX 076-481-1758
       E-メール:info@arimine.net

──────────────────────────────────
◆8月に寄せられた俳句                 有峰森林文化村
──────────────────────────────────
 有峰村民などの方々から俳句ポストに寄せられました8月のよい句を富山
県俳句連盟会長 中坪 達哉 氏に選んでいただきました。
 これからも優秀な作品を毎月掲載しますので、有峰へお越しの際はビジタ
ーセンターへお立ち寄りいただき、俳句ポストに投稿してください。

○俳句ポスト 8月入選句  中坪 達哉 選

 ・涼求めゆるりと巡る湖畔かな       河原 芳博

 ・語り部の声澄みわたる森の中       川邑知恵子

 ・沢水に冷えし手のひら首筋に       川邑知恵子

 ・有峰やバッタ飛び込むバスの中      中川 明子


(前号 9月5日第318号でお知らせいたしました「有峰俳句の会」10月9日、
10日開催の参加者募集中 9月30日までです。あと10名ほど枠があります。)


──────────────────────────────────
◆ねじばな便り  へのお便り               石川たかね
──────────────────────────────────
  中川様
 ねじばな便りをいつも楽しみに読ませていただいております。

 井上陽水の「傘がない」について。

「テレビでは我が国の将来の問題を
誰かが深刻な顔をしてしゃべってる
だけども問題は今日の雨 傘がない
行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ
君の家に行かなくちゃ 雨にぬれ
つめたい雨が僕の目の中に降る
君の事以外は何も見えなくなる
それはいい事だろう?」

 私なりの反論をさせていただきますと、
「それはいい事だろう?」という言葉は井上陽水なりの反語ではなかろうか
と思うのですが。
 それに、この彼は、「傘がない」暮らしをしているのですね。
都会の一人暮らしの青年で、傘などない暮らしですから豊かな生活ではなさ
そうです。そんな貧しい青年でも恋はするのです。恋をしてしまったのです
ね。
 テレビで、しゃべっている深刻な問題も、この青年にはちゃんと耳に入っ
ているのですが、彼女のことも大切なことなので、「それはいい事だろう?」
と自分に問うているわけで、テレビの深刻な問題を忘れているわけではない
のです。

 俺はきょう、差していく傘もないほど貧しいのだけれど、君のこと以外は
何もないけれど、いいながら、目の中に雨だか涙だかわからないものが沁み
てくるわけです。

 そんな風に解釈しました。
いかがでしょうか?

☀ iPhone 石川たかね☂


(記事の掲載については、中川様、石川様のご承諾をいただいております。)

──────────────────────────────────
◆編集局からのお願い                  有峰森林文化村
──────────────────────────────────
◇ホームページありみネット 
    http://www.arimine.net/mysite2/index.html へのリンク
◇文化サークル活動所/有峰デジタル画廊にどしどし投稿お待ちしています。
 (デジタル写真でも絵画(写真に撮って)投稿ください。)
  有峰森林文化村新聞は村民の交流の場として利用してください。
◇有峰森林文化村では皆様からいただいた情報やご意見、感想を掲載いたし
 ますので、どしどし投稿をお待ちしております。
◇あて先   E-メール:info@arimine.net
◇お願い 
 有峰森林文化村新聞のお問い合せなどの返信メールは、受付が出来な
いシステムになっていますので、ご留意をお願いします。
 (一斉配信のため)
           有峰森林文化村助役(編集長)
──────────────────────────────────