********************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/
有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
次回の有峰森林文化村新聞の発行は、12月27日(金)です。

有峰森林文化村新聞 2013年12月13日 第299号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/田上十志郎
(発行日現在の有峰村民人口:806人)
********************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「平成25年度の活動をふりかえって」
  〜春の恵みの集い〜                有峰森林文化村
◆「冷タ谷キャンプ場の利用者からの“一言”」     有峰森林文化村
◆編集局からのお願い                 有峰森林文化村
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
◆「平成25年度の活動をふりかえって」
  〜春の恵みの集い〜               有峰森林文化村
──────────────────────────────────
 有峰での活動も終え、長い冬の季節となりました。
 今年も、平成25年度の活動をふりかえり、有峰での活動状況についてお
知らせい
たします。
 平成25年6月6日(木)〜6月7日(金)に「春の恵みの集い」を28名の参加者
及び講師の方々をお迎えして開催しました。
 新緑の有峰で、緑まぶしい森の中を散策し、山菜採取による植物観察など
の学習を通じて、かつての有峰びとが森からの恵みを得て森林文化を築き上
げていた歴史などの理解を深めるため、農業研究所 塩谷佳和氏に冷タ谷遊
歩道や桐山、穴ボラ谷の森を散策しながら、山菜などの植物の特性(食用等
の効能)を説明をしていただきました。
 また、塩谷佳和氏に語り部になっていただき「囲炉裏の会:山菜のお話し」
の夜の語り部講を開催しました。
 活動内容については、いろいろな御意見がありましたが、スタッフが有峰
の森を案内して歩き、有峰ダムに注ぎ込む清流に触れ、木々に触れ、命の森
と生きた、かつての森の民(「あがりこ」という奇妙な木の群生地が広がり、
有峰びとが住んでいた証の森を見学)に思いを馳せてみるなど、豊かな自然
を五感で体感していただくことを目的に開催しており、多くの方から次のよ
うな有峰の自然に触れたことについての感想をいただきました。
 ・雄大で、なんとしても後々へ残したいと思う。 
 ・とても素晴らしいこの自然の良さがつづきますように!  
 ・人の手が入るのを最小限にしてるので良い。又参加したいと思います。  
 ・今後も、後に伝えるよう大事にしたい。   
 ・多くの人の努力で、自然が良く保存されていると感じた。  
 ・自然がいっぱいでした。たいへんよかった(緑)
 ・自然の美しさ、又保全されているなぁと思いました。   
 ・森がふかくて、良い香りがしました。  
 ・すばらしい、感動!ブナ林は最高! 自然を守り後世に伝えて欲しい。
 ・いつ来ても発見があり心がいやされます。   
 ・いうべきこともなし。   
 ・すばらしい。   
 ・空気がおいしい。   
 ・自然が良い。   
 ・このまま、ずーと残してほしい。

などでした。                      スタッフより


○有峰記念館で山菜のお話し    ○有峰ダム展望台で自然林の
                  植生の解説


○かつての有峰びとが住んでいた証 ○桐山で山菜の同定(名前の確認)
 についての解説(あがりこ)     についての解説
(冷タ谷遊歩道沿い)         (桐山)


○囲炉裏の会:山菜の話し    ○森の音楽会


○交流会(餅つき準備)     ○同 左(餅つき)


○穴ぼら谷での山菜採取     ○穴ぼら谷で山菜の同定(名前の確認)

──────────────────────────────────
「冷タ谷キャンプ場の利用者からの“一言”」     有峰森林文化村
──────────────────────────────────

6月12日
愛知より来ました。(2人若人:気持ちは!)
釣りの皆様へ
 いわな(岩魚)釣りすぎず リリースしましょう!
 昨日も2人で合計12匹ぐらい釣りましたが、ほとんど20cmまでとど
かないくらいの為、すべてリリースしました。
 24cmものだけ頂き、感謝して頂きました。
 有峰の自然を守りましょう。
 昔に比べ、岩魚が減っている気がします。
 昨年は、2人とも43cm×2 釣りましたが、リリースしました。卵を
産んでほしいので!
 すばらしい大自然があるところです。
 自然を守りながらくつろぎましょう。動物のお宅に私がおじゃましている
事を忘れずに!

6月25日
 すばらしいです。
                  冷タ谷キャンプ場 利用者日記より

◎参考 「いわな」   
     ・採捕の禁止期間       10月1日から翌年2月末まで
     ・採捕してなならない全長   15cm以下
     (富山県内水面漁業調整規則 より)
──────────────────────────────────
──────────────────────────────────
◆編集局からのお願い                  有峰森林文化村
──────────────────────────────────
◇文化サークル活動所/有峰デジタル画廊にどしどし投稿お待ちしています。
 (デジタル写真でも絵画(写真に撮って)投稿してください。)
  有峰森林文化村新聞は村民の交流の場として利用してください。
◇有峰森林文化村では皆様からいただいた情報やご意見、感想を掲載いたし
 ますので、どしどし投稿をお待ちしております。

◇ホームページありみネット 
    http://www.arimine.net/mysite2/index.html へのリンク

◇あて先   E-メール:info@arimine.net
◇お願い 
 有峰森林文化村新聞のお問い合せなどの返信メールは、受付が出来な
いシステムになっていますので、ご留意をお願いします。
 (一斉配信のため)
                     有峰森林文化村助役(編集長)
──────────────────────────────────