********************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/
有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
次回の有峰森林文化村新聞の発行は、12月13日(金)です。

有峰森林文化村新聞 2013年11月29日 第298号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/田上十志郎
(発行日現在の有峰村民人口:806人)
********************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「平成25年度の活動をふりかえって」
  〜山開き歓喜の集い〜               有峰森林文化村
◆編集局から                     有峰森林文化村
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
◆「平成25年度の活動をふりかえって」
  〜山開き歓喜の集い〜               有峰森林文化村
──────────────────────────────────
 有峰での活動も終え、長い冬の季節となりました。
 今年も、平成25年度の活動をふりかり、有峰での活動状況についてお知
らせい
たします。
 平成25年6月1日(土)〜6月2日(日)に「山開き歓喜の集い」を21名
の有峰村民及び講師の方々をお迎えして開催しました。
 有峰の森からの恵みが豊富であること、森林文化活動が安全に行えること
を祈願し、かつての有峰びとが森の恵みによる森林文化を築き上げた歴史へ
の理解を深めるため、森林研究所の長谷川幹夫氏に冷タ谷遊歩道や大多和峠
付近を散策しながら、有峰の植生などについて解説をしていただきました。
 また、森林研究所の長谷川幹夫氏に語り部になっていただき「有峰森林の
利用と保全」の夜の語り部講を開催しました。
 活動内容については、いろいろな御意見がありましたが、スタッフが有峰
の森を案内して歩き、有峰ダムに注ぎ込む清流に触れ、木々に触れ、命の森
と生きた、かつての森の民(「あがりこ」という奇妙な木の群生地が広がり、
有峰びとが住んでいた証の森の見学)に思いを馳せてみるなど、豊かな自然
を五感で体感していただくことを目的に開催しており、参加された皆様から
次のような有峰の自然に触れたことについての感想をいただきました。

 ・大変良いと思います。
 ・森の偉大さ
 ・いつまでもこの自然が保たれますように。
 ・新緑が目にしみとてもよかった。
 ・緑の匂いが新鮮でした。
 ・いろいろな木や植物があり、散策するところも多く、これからも何度も
 来たいと思いました。
 ・すごい大切な自然。
 ・静かで美しく、いつまでもこのままで。
 ・いつまでも残してほしい。
 ・新緑が目の保養
 ・新緑がすばらしかった。
 ・空気が澄んでいて良かった。
 ・緑色木々の新芽が美しかった。

などでした。                      スタッフより


○有峰ビジターにて概要説明    ○自然林の植生についての解説
                 (冷タ谷遊歩道沿い)


○かつての有峰びとが住んでいた証 ○カラマツ林(人工林)広葉樹の混交林
 についての解説(あがりこ)     についての解説
(冷タ谷遊歩道沿い)         (冷タ谷遊歩道沿い)


○大多和峠にて薬師岳を望む    ○薬師岳の斜面の植生についての解説


○夜の語り部講「有峰の森林の保全と利用」○同 左


○朝の交流会(餅つき)       ○同 左


○同 上              ○しめ縄づくり


○しめ縄             ○今 つくったしめ縄


○山の神々への安全祈願      ○ふりかえり

※「山開き歓喜の集い」の参加者は、有峰村民として登録された方に限定し
ています。
 有峰村民として登録しても、登録にかかる料金は発生しません。無料です。
 有峰村民の登録はいつでも受付をしていますので、お気軽にお問い合わせ
下さい。
──────────────────────────────────
◇文化サークル活動所/有峰デジタル画廊にどしどし投稿お待ちしています。
 (デジタル写真でも絵画(写真に撮って)投稿ください。)
  有峰森林文化村新聞は村民の交流の場として利用してください。
◇有峰森林文化村では皆様からいただいた情報やご意見、感想を掲載いたし
 ますので、どしどし投稿をお待ちしております。
──────────────────────────────────
◆編集局から                      有峰森林文化村
──────────────────────────────────
◇ホームページありみネット 
    http://www.arimine.net/mysite2/index.html へのリンク

◇あて先   E-メール:info@arimine.net
◇お願い 
 有峰森林文化村新聞のお問い合せなどの返信メールは、受付が出来な
いシステムになっていますので、ご留意をお願いします。
 (一斉配信のため)
           有峰森林文化村助役(編集長)
──────────────────────────────────