********************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/

有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2012年5月2日 第257号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/田上十志郎
(発行日現在の有峰村民人口:738人)
********************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆有峰村民によるリレーエッセイ第38回
 〜福寿草の毒について〜                 源田 義一
◆ねじばな便り
 〜朝を味わってこその有峰〜           中川 正次
◆「山開き歓喜の集い」参加者募集           有峰森林文化村
◆「春の恵みの集い」参加者募集            有峰森林文化村
◆編集局からのお願い                 有峰森林文化村
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────────────
◆有峰村民によるリレーエッセイ第38回
 〜福寿草の毒について〜                 源田 義一
──────────────────────────────────
 今頃になって福寿草の話をしても、辛味の抜けたワサビの様な話かも知れ
ないが、意外と知られてないその毒性について若干触れてみたい。
 私の近くの井口村の赤祖父山連山の一斜面に福寿草の大群落地がある事は
案外知られていない。
 福寿草の花を知らない人はいない位、知られた黄金色で可憐な花であるが、
花の名の由来や強い有毒成分を含んでいる事は余り知られていないのではな
いか。
 先ず、福寿草は別名、元旦草と云われる様に新年には家の玄関や床の間に
飾られる事が多い。
 そして又、福寿草はコブシの花やマンサクの花と同様に、これらの花が咲
く頃よりも、更に早い早春時、つまり正月頃に黄金色の花を咲かせるので目
出たい花として飾られてきた。
 小生も家の山から採って来た福寿草を育てているが、北陸の庄川は寒いの
で、だいたい毎年3月中旬、下旬頃に1個から数個の黄金色の花を枝先に付け
る。
 寒い所のためか、花は萌芽(ほうが)と共に開く。
 山林では雪が残っている所で木の葉や大きな草が茂ってきて自分の背丈よ
り高くなると、そして花が実を結ぶと、どの草花よりも早く、その年の活動
を終え、地上部分は枯れてしまう。
 福寿草は昔から民間薬として心臓が弱っている事から生ずる症状、例えば
動悸や息切れ等に乾燥した“フクジュソウ”を煎じて飲むと効果があると伝
えられ使用されて来た。
(ちょっと難しくなるがガマンして聞いて!!)
 福寿草は草全体、特に根茎部分に多く含まれる配糖体が心臓毒になるので
ある。
 文献には心臓の収縮率を高めるので民間療法では強心利尿薬として使用さ
れていたが、致死量、中毒量が大きく安易に服用するのは危険であると記載
されている書が多数ある。
 毒性は0.7mg/kgである。つまり42mgあれば体重60kgの人は死んでしまうく
らいの毒性がある。
 難しい話は止めて−元に話をもどそう−
 福寿草くらい向日性をハッキリ示す草もめずらしい。
 日光が当たると、アッと云う間に花弁を付けた黄金色の花が直ぐに日光の
当たる方向に向く。
 日が当たらなくなると花は閉じて“おじぎ”をする格好になるのだ。
 恐らく早春の日差しが少ない時季、寸分の時間も惜しむ事なく全てをむさ
ぼり取り入れる、そして炭酸同化作用を最大限に行う為の効率の良い方法を
選択しているからだろうか。実にハッキリしているのだ。
 日光を受けて開く花の形容は文字通り黄金色の輝き、おおよそ15cm〜30cm
位の背丈の草花である。
 だんだん暖かい日が続く様になると人参様の葉を出してくる。
 福寿草は云うまでもないが非常に種類が多く植物図鑑を開いても、物凄い
数の種類が多く記されている。
 花の形も多様ある。当地の山の斜面の花の色は黄色と云うべきか、黄橙色
と云うべきか、やはり黄金色に近い色の“ジュータン”である。
 福寿草は英名“Adonis”(アドニス)だが会社勤めの時、時間つぶしに良
く入った喫茶店の名前が“アドニス”だったことを思い出すのだ。
 英語辞書では美男子、美青年の他にフクジュソウ属の植物と出ている。
 資料によれば、福寿草(フクジュソウと書くべきなのかも知れない)が鑑
賞用に栽培されるようになったのは、明確でない。
 江戸時代末になって、1846年に「百花培養考」なる書には11種、又、他の
本には126種の品種が載っているのだそうである。
 不思議な事に福寿草は種類が非常に多いが、野生種と栽培種のどっちの花
が美しいか? というと、福寿草に限って、断然、野生種が美しいと書いて
ある。
 素人考えだが美しいと人間が感じる遺伝子が栽培種には受け継がれていな
い為なのか?。
 福寿草と云えば黄金色の花色と定番に思うが、ヨーロッパには赤い花が咲
く種が有るそうで別名“ナツザキフクジュソウ”といい、一年草だそうであ
る。
 もう一度繰返すが福寿草は美しく、手に触れたくなるが決して花、茎の所
謂「シル」を口にしたり、食べたりしない事である。
 特に根茎部は毒性が高くて危険で注意が必要である。
 ―世の美しい物にはトゲがある―
 福寿草は美を保つ自衛手段、防衛手段なのかも知れない気がする。
                               (完)
──────────────────────────────────
◆ねじばな便り
〜朝を味わってこその有峰〜        中川 正次
──────────────────────────────────
 「赤毛のアン」は私の大好きな本です。原書で4度読みました。英会話も
あきらめ、速読もあきらめた私は、粘着質になって読みました。 310ページ
の本を一日2ページの速度で、和訳本を横において読みました。

 「赤毛のアン」とは、孤児で11歳のアンが、60歳近くの兄(マシュー)妹
(マリラ)に引き取られて成長していく話です。カナダ東部のプリンスエド
ワード島の19世紀末の話です。アンは、髪の毛が赤いことに劣等感をもっ
ており、そのことから、日本では「赤毛のアン」という名前になっています。
 しかし、原題は、Anne of Green Gablesです。

 マシューたちは、男の子を養子にするつもりでした。ところが手違いで、
女の子が来てしまったのです。駅に迎えに行ったマシューは、手違いであっ
たことをアンに伝えることに忍びなく、家まで連れてきてしまいます。夕方
の話です。アンは、ようやく孤児の境遇から脱することができたことに加え
て、これから住むことになる場所、家がすっかり気に入ったので、とても喜
んで家に入りました。家の屋号が、Green Gablesなのです。
 つまり、Anne of Green Gableとは、「屋号がGreen Gableという家のアン
の物語」なのです。

 家に入ったとたん、待っていたマリラが「なんで、女の子なの?」と叫び、
アンは絶望のどん底に落ちます。食事ものどが通らず、泣きじゃくりながら
ベッドで寝てしまいます。

 翌朝、アンは目を覚まします。当然、アンは、孤児院に送り返されること
を覚悟しています。しかし、窓から見える景色の素晴しさに全てを忘れてし
まいます。

アンの様子を見に来たマリラに対して、アンはいいます。

Don't you feel as if you just loved the world on a morning like this?

 松本侑子訳はこうです。「こんな美しい朝には、世界中を愛している、
って気にならない?」

 私の訳だと、「世界が大好きってことは、普通ないことだけど、こんな朝
だと愛してしまうっていう気になってしまわない?」

 つまり、as if you just lovedとloveが過去形になっているところが味噌
で、I wish I were a bird. 「私が鳥だったらなあ」のような使い方だと思
います(辞書を引いてそんな風に考えました)。
 本当はそんなことはありえないのだけれど、そんな気になるという使い方
です。
 絶望の夜を送らせておいて、
Don't you feel as if you just loved the world on a morning like this?
とアンに言わせる、著者モンゴメリの技に感嘆します。

 有峰の朝のことを考えてみましょう。有峰の一日のうちで一番いい時間帯
は、朝です。天気がよいことが多いし、朝もやの湖畔は素敵です。薬師岳の
稜線から朝日が顔を出し、中空に月が浮かんでいます。

 有峰ハウスに泊まられる人の行動を見ていると、7時に朝食を食べられて、
8時半ぐらいにチェックアウトという人が多いようです。
 これはもったいないのではないかと思います。有峰林道は、6時になれば
自動車の通行が許されます。6時から、冷タ谷(つべただに)まで車で出か
けて(約20分)、湖畔にたたずむ。朝日が射し込むベンチでお茶を飲む。
 そして、おもむろに有峰ハウスに帰って8時から朝食。あるいは、5時半
頃から、有峰ハウスの裏の猪根山遊歩道を歩く。約2時間。あるいは、テニ
スコートのあたりの平にピクニックシートをしいて朝日を浴びてヨガする。

 これらの行動のためには、前日はアルコールを控え目にして、9時には寝
たいですね。特に女性は、顔を作るのに時間がかかりますから。

 キャンプ場に泊まれば、まさに朝を満喫できます。5時前から少しずつ明
るくなっていく湖畔をながめるのはいいものです。キツツキのドラミングも
聞こえます。

 有峰の朝は、日帰りでは味わえない絶品であり、そのためには、7時に朝
ごはん、8時半にはチェックアウトという行動様式を変えることが大切だと
思います。

 そうした中で、Don't you feel as if you just loved the world on a
morning like this?と口に出してみる幸福を味わってみてください。

 桂書房発行の「有峰の記憶」の中で、私は、愛着の森対話編と、赤毛のア
ンの関係について書きました。興味のある方は、ご一読、願いします。



──────────────────────────────────
◆「山開き歓喜の集い」参加者募集           有峰森林文化村
──────────────────────────────────
                        平成24年4月27日
 山開き歓喜の集い
〜有峰の自然に触れ仲間との再会を〜
1 目的  有峰村民との交流を深めるとともに、有峰の森の恵みに感謝し、
      かつての有峰びとが森の恵による森林文化を築き上げた歴史へ
      の理解を深める。

2 主催  公益社団法人富山県農林水産公社

3 開催日 平成24年6月2日(土)から3日(日)
<6月2日(土)>
13時    有峰ビジターセンター前に集合
13時10分  有峰ビジターセンターを出発
13時30分  冷タ谷遊歩道や有峰林道西岸線を散策
      (冷タ谷遊歩道沿いの“あがり子”により、かつての有峰びと
      が森の恵による森林文化を築き上げた歴史を垣間見ることがで
      きます。)
15時00分  有峰ハウス到着
15時20分  有峰ハウス食堂兼研修室
      「語り部 仮称:有峰森林の過去・現在・未来」について
       平 英彰 氏
      (元新潟大学院教授・元富山県林業試験場造林課長)
16時50分  有峰ハウスチェックイン、自由時間、入浴
18時30分  夕食
20時30分  (その他 音楽会)

<6月3日(日)>
6時00分   もちつき、注連縄づくり、お供え(有峰大助)、
      (指導 もちつき:佐竹 猛氏・佐竹 あい子氏 
      注連縄 :沢田 恵美子氏 木内 静子氏・関口マスエ氏)
8時00分   朝食(もち)
9時30分   山開きの安全祈願(慰霊碑等 祝詞:佐竹 猛氏)
11時30分  有峰ビジターセンター前に集合(振り返り)
12時    解散

4 対象者  有峰村民(定員25名)

5 参加費  4,850円(※“おつり”が発生しないようにお願いします。)

6 携行品  水筒、保険証のコピー、雨具、長靴、長袖・長ズボン・帽子
       (色は、ハチの被害を避けるため黒いものは避ける)、軍手、
       参加費 ※有峰ハウスには、ゆかた、丹前、歯磨きセット、
       フェイスタオル(バスタオルはありません)、ドライヤーが
       あります。

7 申し込み、問い合わせ先
   住所・氏名・性別・年齢・電話番号を記載して申し込んでください。
   申し込み期限は、平成24年5月21日(月)まで(必着)です。

(1)郵便930−0096 富山市舟橋北町4−19
   公益社団法人富山県農林水産公社有峰森林部「山開き歓喜の集い」係
(2)電話(5/14まで)076-444-4481(5/15から)076−481-1758
   担当 田上、山本
(3)電子メール info@arimine.net
──────────────────────────────────
◆「春の恵みの集い」参加者募集            有峰森林文化村
──────────────────────────────────
                        平成24年4月27日
 春の恵みの集い
ー山菜を中心としてー

1 主催 公益社団法人 富山県農林水産公社(県の指定管理者)

2 目的 新緑の有峰で、緑まぶしい森の中を散策し、山菜採取による植物
     観察などの学習を通じて、かつての有峰びとが森からの恵を得て
     森林文化を築き上げていた歴史などの理解を深める。
3 内容
 (1)  山菜の採取と山菜に関する学習
     (講師:富山県農林水産技術センター 農業研究所 副主幹研究員
     塩谷 佳和 氏)
 (2) 遊歩道散策
 (3) 餅つき(よもぎ餅)など

4 期日  平成24年6月6日(水)〜 7日(木)
      (※募集期間 平成24年5月7日(月) 〜 5月25日(金))

5 行程
  ○行き 6月6日(水) 富山駅北口(9:00)発 〜 立山あるぺん村
      (9:35)発〜 有峰ハウス(10:30)着

  ○帰り 6月7日(木) 有峰ハウス(15:30)発 〜 立山あるぺん村
      (16:10)着〜 富山駅北口(17:00)着

6 宿泊場所 富山市有峰 有峰ハウス(電話076−481−1758)

7 対象者 18歳以上の方(山菜について初心者の方も歓迎します。)

8 定員 25名(応募多数の場合は抽選)

9 参加費 一人6,650円(有峰ハウス使用料、食事等にあてます。
        ※初日は昼食持参)

10 交通手段  主催者が準備するバス(無料)に乗車してください。マイ
        カーによる参加はご遠慮願います。バスの乗車場所は、富
        山駅北口(9:00)、立山あるぺん村駐車場(9:35)
        のいずれかでご乗車ください。

11 申込方法  住所、氏名(ふりがな)、性別、年齢、電話番号、乗車場所
        (富山駅北口又はあるぺん村)が記載されたハガキ又はフ
        ァックス、E-メール(info@arimine.net)で申込みを受け
        付けています。

12 抽選結果  郵便でお知らせします。

13 申込み先 公益社団法人 富山県農林水産公社 有峰森林部 
  担当 田上、山本
  電話 076−444−4481(5/13まで)
     076−481−1758(5/16〜)
  FAX  076−444−4482(5/13まで)
     076−481−1758(5/16〜)
  E-メール info@arimine.net
──────────────────────────────────
◆編集局からのお願い                 有峰森林文化村
──────────────────────────────────
◇ホームページありみネット http://www.arimine.net/
◇文化サークル活動所/有峰デジタル画廊にどしどし 投稿をお待ちしており
ます。(デジタル写真でも絵画(写真に撮って)投稿ください。)
有峰森林文化村新聞は村民の交流の場として利用してください。
◇有峰森林文化村では皆様からいただいた情報やご意見、感想を掲載いたし
ますので、どしどし投稿をお待ちしております。

◇あて先
◇E-メール:info@arimine.net

──────────────────────────────────