******************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/

有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2012年1月27日 第250号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/田上十志郎
(発行日現在の有峰村民人口:736人)
******************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆有峰村民によるリレーエッセイ第32回
  〜 冷タ谷のドングリに思う 〜
  <ドングリの実の食用編>                         源田 義一
◆ねじばな便り
  〜 7月28日・29日は村仕事の集い 〜                 中川 正次
◆有峰森林文化村からお知らせ                   有峰森林文化村
◆編集局からのお願い                        有峰森林文化村
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─────────────────────────────────
◆有峰村民によるリレーエッセイ第32回
 〜 冷タ谷のドングリに思う 〜
  <ドングリの実の食用編>                       源田 義一
─────────────────────────────────
 〜さて、ドングリの実は食べる事が出来るのだろうか?〜
 
 ドングリの実をひろって堅果部分の皮をむいて食べる様としても、まず
渋くて食べれない。
 クリの実も皮をむき、渋を取らないと食べれないのと同様である。
 では、ドングリの種類によって渋味に違いがあるのだろうか?
 
 渋味はタンニンと云う化学成分であるが、柿のシブ、クリのシブ等も同
じである。
 調べてみたら(タンニン含有量)、ミズナラ(6.9%)、コナラ(4.8%)、シ
ラカシ(4.5%)、アラカシ(4.4%)、クヌギ(1.3%)、イチイガシ(1.2%)、マテ
バシイ(0.5%)。
 
 私達が身近に手に入れる事が出来るミズナラのドングリが約7%のタン
ニン含有量で、人間が渋を抜かずに生食出来るのはタンニン含量1%以下
のマテバシイの実くらいである。
 ドングリを食べて生きている森の動物等もタンニン量の少ないドングリ
を選んで食べるとの事である。

 では、ドングリの栄養分はどうなんだろうか?「アニマ」No.166の誌に
よれば、ドングリの栄養分析結果は次の様である。
 コナラのドングリ、水分(28.1%)、糖質(64.2%)、タンニン(4.8%)、タン
パク質(2.9%)、脂質(1.7%)、繊維(1.2%)。
 
 もう一度、渋いものと、渋くないものからの分類としてドングリを整理
してみたい。
 渋くない木の実は生でも食べられる、おいしい木の実である。
 ドングリの言い方から範囲は広くなるが、木の実は古代縄文人の時代か
ら食べられていた。この時代の人々の主食は豊富な山の実であった。
 
 温暖な西日本では常緑樹から採れるスダジイやツブラジイの実を、東日
本では落葉樹のミズナラ、ブナの実等を利用していたと云われている。
 この事は小生等が社会科で習って良く知っている。
 渋くない実としてはマテバシイ、イチイガシ、シイ、ブナ、シリブカガ
シ、オニグルミ、ヒメグルミ、ツノハシバミなどがあり、タンニン含有量
が少ないので生食してもおいしい。
 
 ツノハシバミは雑木林に入れば有るのが、ブナの実の2〜3倍も大きい実
で皮をむいて生食するとコーバシイ味と油分がある。
 反対に渋い実としては、トチ、コナラ、ミズナラ、ナラガシワ、クヌギ、
ウバメガシ、カシワ、アラカシ、アベヌキなど種類が非常に多いがタンニ
ンが多く生食は無理で、渋抜きしないと食べれない。
 ドングリ餅はトチ餅と同様に渋抜き(アク抜き)すれば香りが有りなか
なかおいしい。

 例えばひろい集めたドングリの皮をとる。次にミキサーにドングリと同
等位の水を入れて粉砕する。
 ドロドロになったドングリ汁を木綿の布に包み、たっぷりの水の中でデ
ンプンをもみ出す。
 しばらくするとドングリの澱粉(デンプン)が底に沈む。水がまっ茶色
になるので、澄んだ水になるまで何度も水を取り替える。  
 底に固まって残った澱粉を鍋に入れて水でとき、ネットリする迄、火に
かける。
 この液を型に流し込み冷まして冷蔵庫等で冷やす。
 切り分けて、きな粉や砂糖で召し上がると実に美味しいドングリ餅を食
べる事が出来る。

  ◆次号の「ドングリの実の形状による分類編など」に続く。


※編集長より
 「冷タ谷のドングリに思う」は、次の3部構成に分けております。
 次回の第251号には、<ドングリの実の形状による分類編など>を掲載
しますのでよろしくお願いします。

○<ドングリの実をつける木の分類編>は、第249号に掲載。
○<ドングリの実の食用編>は、第250号に掲載。
○<ドングリの実の形状による分類編など>は、第251号に掲載。

─────────────────────────────────
◆ねじばな便り   
 〜 7月28日・29日は村仕事の集い 〜                  中川 正次
─────────────────────────────────
 みなさん、新しいカレンダー、手帳に切り替わったことと思います。
 7月28日土曜日・29日日曜日のところに、「有峰村仕事の集い」とマジッ
クで書いてください。

 2009年から始めて、今年が4年目です。
 キャンプ場を、エンジンを使うことなく、人力で草刈してきました。
 管理棟から見て、湖面に向かってまっすぐ降りたところが2009年。
 右手に降りたところを2010年と2011年やってきました。今年は、まっす
ぐ降りたところと、右手に降りたところの中間の小さな谷をやりましょう。
 これで、大きな面積が明るくなります。

 だいたい、50人くらいの参加が毎年あります。これまで同様、就学未満
児は、お母さんと「森の幼稚園」です。
小学校以上は、仕事、仕事。
 といっても、汗びっしょりになるので、初日の午前中1時間、午後1時間
ぐらいしか仕事しません。
 刃物を扱いますので、富山県農林水産公社の「とやまの森づくりサポー
トセンタ」の指導を受けて、決して事故が起こらないようにします。

 夕食以降の食事をみんなで作り、焚き火して小宴会をします。
 詳しい、料金、日程、申し込み方法等については、近づいたら再びご案
内します。

 なお、これまで隊長をお願いしてきた武市康子さんが、近く出産される
ので、お子さんを連れて参加されるかもしれませんが、隊長の重責は気の
毒です。
 で、私が、臨時隊長をおおせつかりました。よろしくお願いします。
 これまでの最年少参加記録は、野崎太朗くんの生後3月です。
 残念ながら、武市ベイビーがそれを更新することはないようです。

─────────────────────────────────
◆有峰森林文化村からお知らせ                   有峰森林文化村
─────────────────────────────────
 2012年度の有峰森林文化村行事計画をありみネットに掲載しました。
 詳しくは、こちらをご覧ください。
 「 2012年度有峰森林文化村行事計画
 アドレス http://www.arimine.net/siryou/gyouji_2012-1.htm

 2012年度の有峰ハウスの予約受付を開始しました。
 詳しくは、こちらをご覧ください。
 「 2012年度有峰ハウス予約受付
 アドレス http://www.arimine.net/house/yoyaku.html

 お問い合わせ
 ・Eメール info@arimine.net
 インターネットをご覧できない方、Eメールアドレスのお持ちでない方
は下記のお電話又はFAXでお問い合わせください。

 ・お電話  076-444-4481
 ・FAX    076-444-4482
 
─────────────────────────────────
◆編集局からのお願い                         有峰森林文化村
─────────────────────────────────
・ホームページ”ありみネット(http://www.arimine.net/

  /文化サークル活動所/有峰デジタル画廊"にどしどし 投稿をお願いし
 ます。(デジタル写真でも絵画(写真に撮って)投稿ください。)

 有峰森林文化村新聞は村民の交流の場として利用してください。

 皆様からいただいた情報やご意見、感想を掲載しますので、どしどし
投稿ください。お待ちしております。
あて先は
Eメール:info@arimine.net