******************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/

有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2007年10月20日 第140号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/荻沢明夫
(発行日現在の有峰村民人口:591人)
******************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆遊歩道(桐山地域)一部供用のご案内
◆有峰森林文化村施設の営業について
◆有峰俳句の会 お礼 大井 孝行 さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─────────────────────────────────
◆遊歩道(桐山地域)一部供用のご案内
─────────────────────────────────
 富山県では森林所有者と市民の絆を醸成するため、「絆の森整備事業」
を桐山地域で進めております。このたび約500m(全体計画は約1500m)
の遊歩道が完成しました。
 桐山地域は標高1200m〜1300mの緩やかな地形であり、カラマ
ツやミズナラ、トチノキ、ミズキなどが生育しています。
 ここは有峰村の集落に近く、村人が薪木としたミズナラには2mほどの
高さで幹が分かれている「あがりこ」が多く見られます。森は明るくカラ
マツ林とミズナラ林ならではの「春の芽吹き」と「秋の黄葉・落葉」など
有峰森林の美しさを感じることができると思います。子どもからお年寄り
まで誰でも楽しめるコースです。

─────────────────────────────────
◆有峰森林文化村施設の営業について
─────────────────────────────────
 今、有峰は紅葉真っ盛りです。朝晩の冷え込みも厳しく、暖かい鍋もの
が恋しい季節となりました。冬はもう間近かに感じられます。今年も多く
の方々に有峰へお越しいただきありがとうございました。残された期間に
つきましても、スタッフ全員、精一杯お客様へのサービスに努めてまいり
ますので、是非、有峰にお越し下さい。

<有峰森林文化村施設の営業予定>
・キャンプ場・・・10月20日まで
・有峰ハウス・・・11月4日まで
・有峰ビジターセンター・・・11月12日まで
・テニスコート・・11月12日まで
・有峰林道・・・・11月12日まで

─────────────────────────────────
◆有峰俳句の会 お礼 大井 孝行 さん
─────────────────────────────────
今年初めて吟行会に参加しました。1日目は天候に恵まれ良かったです
が、2日目は雨で残念でした。秋の雨は、また風情があって良しとしてお
きましょう。1日目、折立トンネルを抜け、直ぐ右側の真川の歩道を20
分ほど歩くと、コンクリートの橋に出ました。渡り切ってから河原へ降り、
山を眺めればさすがに折立、絶景でした。自分は折立に勤めていて、こん
な良い場所が有るとは知りませんでした。吟行なんかそこそこ、清流に岩
魚も見えて、こんな良い気分にさせられて、参加して良かった、と思うひ
とときでもありました。昼食にコンビニで買った、昆布飯を食べる、これ
がまた美味しいかったです。

 お世話する人の、一生懸命の心づくしがあって、この会が成り立ってい
ると思います。俳句の先生も、このような吟行会を行っている所は、全国
的に見ても少ないと、おっしゃっていました。荻沢さん、宮原さん、水野
さん、佐々木さん、お世話大変だったと思います。本当に有難う御座いま
した。来年も休みが取れたら参加したいなぁ〜と、思っています。皆さん
お体には、充分、気を付けて下さい。有難う御座いました。

〜ななかまどどの紅よりも紅きかな〜
 
  連絡員 大井 孝行

─────────────────────────────────
原稿や感想をお待ちしております。
あて先は
info@arimine.net