******************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/

有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2007年4月28日 第128号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/荻沢明夫
(発行日現在の有峰村民人口:558人)
******************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆オレゴン有峰往復書簡第12回目 有峰からオレゴンへ 中川正次
     〜禁欲主義と快楽主義〜
◆愛着の森対話編第16号の記録  Mother Tree
◆ご案内 富山市白樺ハイツ利用料の割引
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─────────────────────────────────
◆オレゴン有峰往復書簡第12回目 有峰からオレゴンへ 中川正次
     〜禁欲主義と快楽主義〜
─────────────────────────────────
有峰を離れましたが、この往復書簡をつづけていきましょう。かっこうつ
ければ、有峰から日本海へと視点を広げると言えますしね。

私は、小杉さんと違って、手持ちのネタは1本あるかないかです。しかし、
次に何を書こうかと考えていることが、私にとっては、日々、大事なこと
になっています。

4月14日土曜日に、「不都合な真実」(An Inconvenient Truth)という映
画を、富山市婦中町にある映画館(ファボーレというショッピングセン
ターの中にある)で見てきました。2006年アメリカ映画。主演はアル・ゴ
ア元アメリカ合衆国副大統領。地球温暖化がテーマです。

1972年にローマクラブの「成長の限界」という本が出ました。20歳くらい
のころに読みました。とても衝撃を受けました。私のものの考え方を決定
づけた本の一つです。その延長で、有峰森林文化村に関わってきました。
今回の映画、「成長の限界」に匹敵する衝撃を受けました。

ありみね高校生の学びの森の第一回目2004年に観察した生き物が、20年
後には観察できなくなっている可能性が高まっています。昨年、有峰では
雪がたくさん降りましたが、今年のような小雪が恒常化するような気がし
ます。今年も、富山県は大丈夫でしょうけど、関東・関西・瀬戸内・北九
州は、水不足が心配です。

3月27日に亡くなった、植木等さんのスーダラ節の一節、「わかっちゃ
いるけどやめられない」は、人間の本質をついています。しかし、「わか
っちゃいるけどやめられない」と欲望野放しを続けていたら、人類の破滅
は明らかです。お酒を飲むくらいはかまわないですが、地球環境に関して
は「わかっちゃいるけどやめられない」に寛容であってはならない。

禁欲主義でいかなければいけないと思います。スピードの追求、便利さの
追求、お金を落としてもらうことの追求。これらのことを続けていけば、
地球はもちません。また、奥地の自然のふたをあけないでとっておこうと
いうことも大事です。

一方、禁欲主義だけは足りません。贅沢とはなんだろうと考えます。贅沢
は、多くの場合、お金と近い関係にあります。しかし、お金と関係のない
贅沢があります。気の合ったメンバーと遊歩道を歩く。面白かった本の話
をしていると、鳥の声が聞こえ、さっと話題がそっちに飛んでいくような
会話を楽しむ。おにぎりを食べる。オカリナを吹く。小さな焚き火を見つ
める。コップ一杯くらいのお酒をゆっくり飲む。こんなお金と関係のない
贅沢の輪を広げていく。真の快楽主義の追求です。

小杉さんが有峰に来られたのは、昨年のアメリカ中間選挙の前でした。中
間選挙を経てアメリカも変わるかも知れないよとおっしゃっていたことを
覚えています。中学や高校で教わった私のアメリカのイメージは、the go
vernment of the people, by the people, for the people。しかし、最
近はがっかりすることの連続。「東洋は、自然を大事にする。西洋は自然
を克服しようとする」という型にはまった理解は、もはや通用しません。
ゴアさんのような人がいることを、心の支えにしていきましょう。

マハトマ・ガンジーの言葉、「世界に変化を望むのであれば、みずからが
変化となれ」をかみしめています。
─────────────────────────────────
◆愛着の森対話編第16号の記録  Mother Tree
─────────────────────────────────
1 その場所の名前  西谷入口から徒歩30分

2 場所
コケの生えた倒木の近く、登りがきつくなる少し手前

3 種類と様子
胸高直径87cmのブナが枯れているにもかかわらず立っている。

4 調べた人の名前 小杉 礼一郎

5 調べた日 2006年10月3日

6 天気 曇り

7 時刻 16時頃

8 どうして、この木が気に入りましたか?
オレゴンから高岡へ3年ぶりに帰りました。延命装置を退けた霊篤の母に
会う為です。

一滴も尿が出来ずに数日。荒れた呼吸で母は待ってくれていました。
翌未明、母は息をひきとりました。「死ぬことは生きること」と私に臍落
ちさせて。

今は不意に悲しみがこみあげてくることはありますが、心の深いところに
明るい澄んだ光が宿っています。有峰の森のように。

9 この木のそばで口ずさみたくなる歌は何ですか?
三月九日


10 この木を見て、気づいたことや感じたことを自由に書いてください。
今朝 富山へ来る電車から呉羽丘陵の南に富大医学部のキャンパスが見え
ました。

「あそこにお母ちゃんがいる」・・・

献体を望んでいた母は、若き医学生達の為に生きている。私たちの為に、
続く生の為にしばし休んでいるのでしょう。

西谷の帰り、この樹を見て一瞬に、そのような思いが心にひろがり、すっ
とこの樹を選びました。

軽くなって母は2〜3年後に家族の許へ帰ってきます。
─────────────────────────────────
◆ご案内 白樺ハイツ利用料の割引   富山市大山総合行政センター
─────────────────────────────────
有峰林道入口の亀谷温泉にある「白樺ハイツ」(富山市が経営)は、この
たび、有峰林道利用者に入浴料金の割引をすることにいたしました。たく
さんのみなさんのご利用をお待ちいたしております。

1 領収済み有峰林道通行券を提示いただければ、入浴料を割引きます。
2 割引内容 入浴料 通常600円を500円とします。
       通行券1枚につき、5名まで1回のみ
─────────────────────────────────
原稿や感想をお待ちしております。
あて先は
info@arimine.net