******************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/

有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2007年3月17日 第125号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/中川正次
(発行日現在の有峰村民人口:551人)
******************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3月16日現在の有峰積雪
◆躍動する生き物の有峰、循環する、流転する生き物の有峰
ありみね高校生学びの森実施報告書を読んで 黒部市・長井真隆
◆オレゴン有峰往復書簡第9回目 オレゴンから有峰へ  小杉礼一郎
◆愛着の森対話編第13号の記録
大多和の尾根ゆく細道天空を指して草木の夏茂りゆく
◆家の庭には、もう、うぐいす   高岡市・栗島靖子
◆年賀状コンテストの結果発表
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─────────────────────────────────
◆3月16日現在の有峰猪根平の積雪は、195センチメートル
─────────────────────────────────
─────────────────────────────────
◆躍動する生き物の有峰、循環する、流転する生き物の有峰
ありみね高校生学びの森実施報告書を読んで 黒部市・長井真隆
─────────────────────────────────
中川正次様
本日、第3回『ありみね高校生学びの森実施報告書』が届きました。表紙
の写真をはじめ全体のレィアウトが良くできておりびっくりしました。内
容もしっかりしており、とても貴重なものだと感心しました。

今までの有峰の生物文献は、どちらかというとリストアップ程度のもので
あるのに比べて、高校生学びの森実施報告書は、調査データがしっかりし
ており、その上で把握した動植物の生々しい生態がつぶさに収められてい
ます。静かな有峰、景観としての有峰というイメージから、躍動する生き
物の有峰、循環する、流転する生き物の有峰を強く感じさせるものです。

ここでは指導された先生方の有峰に対する思いが十分伝わってきます。有
峰森林文化村の憲章の精紳にぴったりです。回を重ねて有峰の生物社会の
実像に迫り、県民に知られざる有峰の本質を教えて欲しいものです。

そのことが森林文化村の目指すものであり、中川さんが取り組んでこられ
た思いに迫るものでもあります。有難うございました。

編集部注:第3回『ありみね高校生学びの森実施報告書』を印刷いたしま
した。残部がほとんどありませんので、お読みになりたいかたには、お貸
しします。
─────────────────────────────────
◆オレゴン有峰往復書簡第9回目 オレゴンから有峰へ  小杉礼一郎
─────────────────────────────────
白木峰山行のことを思い出しました。

山はよかったが新米のリーダー(=私)がしっちゃかめっちゃかで食事な
ど散々な失敗だらけでしたっけ。「木を見て山を見ず」という言葉があり
ますけれど、当時の私にとっての「山」はガンガン登るスポーツの対象で
して、「木も見ず山も見ず」でした。そうか中川さんの初山行で、それで
山が嫌いになってしまったのですね。とても申し訳ないことをしました。
かくいう私はその後は山の世界にのめり込んでいきました。今はやっと
「木も見る山も見る。ついでに地球も見る」の境地です。30年後にあな
たと西谷を一緒に歩いたのはブナが巡り会わせてくれたのでしょうか。

私はこのところ、ウォールナットの買付けで米中西部を走り回っていまし
た。

チョコレートブラウンの落ち着いた色調の家具の材料としてよく用いられ
るウォールナットは北米が主産地です。サワグルミだったかなと調べてみ
ると日本語名はオニグルミで、同じ科の兄弟木ですね。日本では北海道に
多く自生しています。(いました。 道内の大径木は伐り尽くし北米産の
ウォールナットを輸入しているのです。)

サワグルミとオニグルミはどちらも沢筋の湿地に生えますが、両者の違い
は果実ですね。オニグルミはその名の通り大きいクルミの実をつけます。
サワグルミの方というと、今、調べて知ったのですが、形容不能の形(種
に象の耳のような羽が二つくっついている)をしています。いびつなポッ
プコーンのようです。

ところで、ウォールナットの林は電柱のようにしゅるしゅると真っ直ぐ高
く伸びている木が多いです。もちろんそうでない盆栽のような独特の風格
の樹もあります。家具、内装用以外のウォールナットの用途としては何と
言っても銃床(ライフル、ショットガンの柄)でかなりの需要があります。
銃社会アメリカの一面が見て取れます。困ったものですけどね。

この冬はアメリカも総じて暖冬でした。反動のように二月の中旬に寒波が
通っていきましたが三月に入って遠くの白茶けた山肌の色あいもところど
ころ薄緑色に変わっていき、季節の移ろいを感じます。今年は明後日から
夏時間(Daylight Saving Timeといって時計を一時間早める)が始まりま
す。これまでの年より三週間も早い実施です。それはなんでも省エネル
ギーの為だそうですけれど、(なにを今更)と白け気分になってしましま
す。

今回の手紙はなんか愚痴っぽくなってしましました。反省
─────────────────────────────────
◆愛着の森対話編第13号の記録
大多和の尾根ゆく細道天空を指して草木の夏茂りゆく
─────────────────────────────────
1 その木の名前  八雲立つ樹

2 場所
大多和峠から、南東に県境沿いに尾根を30分あまり歩いたところ

3 種類と様子     
ミズナラが根元のほうから大きく幹を分かれさせて広げている

4 調べた人の名前 富山八雲会

5 調べた日 2006年8月19日

6 天気 くもり

7 時間 17時頃

8 どうして、この木が気に入りましたか?
富山八雲会の8月例会は、有峰の木霊や星空の下で、八雲の世界を語り合
う宿泊を伴った集いです。今年はその初日に、「天の夕顔」の碑のある大
多和峠から南へ遊歩道を散策しました。約30分、8本以上の幹からなる
ミズナラの大木がありました。あたかも、富山八雲会を象徴しているよう
に感じ“八雲立つ樹”と命名することにしました。

9 この木のそばで口ずさみたくなる歌は何ですか?
「八雲立つ出雲八重垣作るその八重垣を」(古事記)
「大多和の尾根ゆく細道天空を指して草木の夏茂りゆく」(晃)

10 この木を見て、気づいたことや感じたことを自由に書いてください。
この樹は、大多和峠から右足を岐阜県、左足を富山県に置きながら唐尾峠
への続く県境の杣道にあります。中心の古い幹は、いつの時か雷(いかず
ち)にもぎとられたかのように上部を欠いていますが、それを護り囲むよ
うに大小8本以上の幹が若々しい葉を茂らせています。あたかも、ミズナ
ラの樹の精が、永遠に続く八雲の心と、それを学び伝えようとする私たち
富山八雲会を象徴しているように感じました。そしてこの樹の周辺には、
小鳥のさえずりと木々を渡る風以外にはない静寂と樹間から望む薬師連山
の雄大な山並みがあります。(担当者 弥一)
─────────────────────────────────
◆家の庭には、もう、うぐいす   高岡市・栗島靖子
─────────────────────────────────
今年、初めてお便りさし上げます。毎日の忙しさに追われて、返信するこ
とがなかなかできませんでした。有峰には、春が来ていますでしょうか?

家の庭には、うぐいすがもう来て鳴きましたが、「今年は有峰に何回行け
るかなあ」と思っています。「有峰⇔オレゴン」通信、いつも楽しんで拝
見しております。お元気で
─────────────────────────────────
◆年賀状コンテストの結果発表  
─────────────────────────────────
有峰森林文化村年賀状コンテストに、全部で11人の方から16作品の応募が
あり、去る3月6日に開催いたしました有峰森林文化村懇話会において当選
者5名が決まりました。
高岡市・小嶋智美さん、射水市・五社幸代さん、千葉県八千代市・鈴木修
次さん、射水市・関原康子さん、高岡市・中川正次。
おめでとうございます。
─────────────────────────────────
原稿や感想をお待ちしております。
あて先は
info@arimine.net