******************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/

有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2006年3月4日 第98号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/中川正次
(発行日現在の有峰村民人口:507人)
******************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2005年のアサギマダラ・マーキング
      富山アサギマダラ調査グループ
◆身近な人たちに写真を見せながら  世田谷区・増田典子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─────────────────────────────────
◆2005年のアサギマダラ・マーキング
富山アサギマダラ調査グループ
─────────────────────────────────
1.マーキング頭数の推移 
2005年で4年目を迎えた当グループの活動は、下記のように年々成果
を挙げています。
登録者数 マーキング数 前年比 再捕獲数
第1回 2002年 14名 105頭    
第2回 2003年 16名 254頭 2.4倍 7頭
第3回 2004年 27名 638頭 2.5倍 6頭
第4回 2005年 36名 934頭 1.5倍 9頭  

2.捕獲時期  
今年の最速捕獲日は5月30日(北上型)(南下型では7月2日)で、最
終捕獲日は9月30日であったが、例年どおり9月中旬頃の捕獲数が圧倒
的に多かった。      

3.捕獲場所
全934頭のうちの90%以上が有峰およびその周辺でマーキングされて
いますが、その他の地域では、医王山、五箇山、上市町、黒部市、立山、
ねいの里などでも捕獲されています。

4.有峰マーキング・イベント 
2005年9月4日(日)、ベテランや初心者を含め約30名の参加を得
て、有峰一帯でイベントを開催しました。
祐延、東谷、東谷上部方面に分かれて行動をした結果、133頭にマーキ
ングできました。
   
5.2005年の再捕獲データ
(1) 当グループが放蝶し、県外で再捕獲
*全て、有峰で放蝶されたもの
8/17(冷タ谷)→9/18(長野県大町市)
約 40km  32日間 
8/20(東 谷)→  9/10(長野県大町市)
約 40km  21日間  
8/21(東 谷)→  8/27(長野県御嶽山麓)
約 63km   6日間
8/21(東 谷)→ 11/ 3(高知市桂浜)
約 501km 74日間 
9/ 4(祐延峠)→ 9/10(岐阜県濁河温泉)
約 60km   6日間
9/17(東 谷)→ 11/25(沖縄県本部町)
約 1413km 69日間 *1
9/18(不動谷)→ 10/26(高知県室戸市)
約 465km 38日間
9/18(祐延峠)→10/23(鹿児島県喜界島)
約1143km 35日間  *2
9/20(西岸線)→11/ 3(鹿児島県屋久島)
約 943km 44日間 

*1 当グループのこれまでの再捕獲記録の中での最長距離の飛翔となっ
た。
    
*2 一昨年以来、喜界島では毎年再捕獲されている。現地では熱心な愛
好家がいて、毎日捕獲行動がなされているのも一因と思われる。  

(2) 県外で放蝶され当グループが再捕獲したもの
 8/ 6(山梨県三峠山)  → 9/18(有峰祐延峠付近)
43日間
 8/28(長野県奥志賀高原)→ 9/ 4(有峰祐延峠付近)   
7日間

(3) 当グループが放蝶し、かつ後日当グループで再捕獲したもの 
    7頭あり、すべて有峰地域で放蝶・再捕獲されたもの
    最短1日、最長25日間かかった。     

─────────────────────────────────
◆身近な人たちに写真を見せながら  世田谷区・増田典子
─────────────────────────────────
たった1泊2日の滞在でしたが、言葉でいいあらわせないようなすばらし
い体験をさせていただきました。
ほんとうにどうもありがとうございました。
身近な人たちに、写真を見せながら、目下、有峰を布教中です(笑)。
また、ぜひ、訪れたいです。

編集部注 増田さんは、昨年9月に開催した「有峰森の劇場」に参加され
ました。有峰のためには、こうした語り部講を開いて、クチコミで有峰の
素晴らしさが伝わっていくことが一番大事だと思っています。どうぞよろ
しくお願いします。
─────────────────────────────────
原稿や感想をお待ちしております。
あて先は
info@arimine.net