******************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/

有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2005年5月28日 第77号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/中川正次
(発行日現在の有峰村民人口:390人)
******************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆薬師岳の頂上から常願寺川の河口までつながった有峰の春 石井驤
◆有峰森林文化村の再開
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─────────────────────────────────
◆薬師岳の頂上から常願寺川の河口までつながった有峰の春
石井驤黶i有峰森林文化村会議会長 富山県知事)
─────────────────────────────────
有峰に待ちに待った春がやってきました。6月1日の有峰林道の開通と同
時に、有峰ハウスなどの有峰森林文化村の施設が再開します。また、現在
増改築工事中の富山市大山歴史民俗資料館が、10月に完成・オープンしま
す。

有峰森林文化村では、有峰を愛する人々が村民となって、「水と緑といの
ちの森を永遠に」を基本理念に、豊かな自然のなかで憩い、楽しみながら
自然を学び、みんなが力を合わせて森林を保全していくための活動を展開
しています。

今年度は、新たな活動として、
・魚釣りだけでなく、遊歩道散策や富山湾の魚を使った野外炊飯などを通
じて、山から海までの命の循環を楽しく親子で学ぶ「有峰親子おさかな教
室」
・雑穀を使った野外炊飯とヨガを組み合わせた「有峰で元気にもどる集
い」
・大島町の絵本館と連携をとった「森の中、絵本をつくろうワークショッ
プ」
・有峰ハウスの囲炉裏で開かれる「夜の語り部講」
などを予定しています。

また、昨年度から継続する活動として、 
・キャンプや野外ステージの音楽演奏、天体観測、ミステリーバス、渓流
釣りなどの行事が展開される「有峰森林文化村祭」
・県内の生物好きの高校生による「ありみね高校生学びの森」
・遊歩道を歩き、餅つきをして、音楽を楽しみながら、水と緑といのちの
循環に感謝する「語り部講」
などを実施いたします。

こうした活動を通して、いのちの息吹、共生と循環、自然への畏敬を五感
で感じとるとともに、森林文化と環境のあり方をこの有峰地域から世界に
発信していきたいと思っています。

さて、去る4月1日、大山町が富山市ほか5町村と合併し、薬師岳の頂上
から常願寺川の河口までが富山市となりました。開村から4年目を迎える
有峰森林文化村にとりましても、本当に大きな節目の年です。

皆さんには、おいしい水でのどをうるおすたびに、朝日に輝く薬師岳の雪
が森の土をくぐりぬけ、命を育む水として、豊かに、そして時間をかけて
有峰湖に注ぎ、そこから長い水路を通ってたどり着くことを思い出してい
ただければと思います。

有峰森林文化村では、6月1日から11月12日までの間に、春から冬までが、
あっという間に、そして色鮮やかに駆け抜けていきます。静かな森と湖に
心癒され、にこにこと幸せそうな皆さんと有峰でお会いできるのを心から
楽しみにしています。

─────────────────────────────────
◆有峰森林文化村の再開
緑あふれる有峰森林文化村が、皆様をお待ちしております
─────────────────────────────────
1 有峰林道の開通
6月1日(水)より、有峰林道が開通します。
なお、小口川線につきましては、開通日が確定次第、ご案内します。
通行時間は、午前6時から午後8時です。
通行料金は、
大型車4,300円
小型車1,800円
自動二輪車等300円
10回分の料金で11枚の券がついた回数券があります。2年間有効です。
降雨等による通行止めについては、ありみネットで情報を提供しています。

2  有峰ハウスの営業再開
有峰林道の開通に合わせて、6月1日から有峰ハウスの営業を再開します。
料金、休館日、予約状況等は、ありみネットでお確かめください。ご予約
の際は、利用したい旨、電子メールでお伝えいただければ、当方からお電
話で詳細を承ります。

3 問い合わせ、申し込み
電話・ファックス 林道関係  076−482−1420
 有峰ハウス、文化村行事関係
               076−481−1758
電子メール   info@arimine.net(一般)
mm@arimine.net (有峰ハウス予約専用)
─────────────────────────────────
原稿や感想をお待ちしております。
あて先は
info@arimine.net