******************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/

有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2003年11月1日 第35号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/中川正次
(発行日現在の有峰村民人口:297人)
******************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆旧有峰村民の縁につながるものとして       神戸市・鳥飼福子
◆森の感謝祭で、ミズナラに有峰太郎と命名          編集部
◆有峰の紅葉を満喫                 富山市・松村至
◆小林敏信さんの写真展    編集部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─────────────────────────────────
◆旧有峰村民の縁につながるものとして       神戸市・鳥飼福子
─────────────────────────────────
中川さま

このたびは本当にお世話になりありがとうございました。
ダム湖になったとはいえ、亡父のふるさとの環境がとても大切に守られて
いることに感銘をうけました。

遊歩道を歩きながら、山の時間を生きた人々の生活に思いをはせました。

父が生きている間に、この思いを父と共有できたら、とちょっぴり残念で
す。

人間は年をとらないと分からないことが多々あるのですね。

美しい紅葉に彩られた穏やかな山並みと、静かな湖、そして薬師岳の優美
な面影、元気の元をもらってまた明日から仕事に励みます。

旧有峰村民の縁につながるものとして、中川さんをはじめ、県そして北陸
電力の皆様のご努力に敬意を表します。

今後とも有峰をよろしくお願いします。

編集部注:
鳥飼さんは、旧有峰村の岩段家の子孫のかたです。お父様が大正6年にお
生まれになった有峰に、鳥飼さんは、10月17日に、生まれて初めて、お越
しになりました。午後4時半、有峰につくやいなや、宝来島近くの墓地に
案内しました。三段の墓地の一番上の段に、岩段家の墓を見つけました。
墓のかたわらに、日露戦争で満州でなくなった岩段虎之助さんの小さな石
碑が立っていました。陸軍輜重兵勳八等という字が読めました。
─────────────────────────────────
◆森の感謝祭で、ミズナラに有峰太郎と命名          編集部
─────────────────────────────────
10月25日(土)、30人あまりが集まり、第1回有峰村民森の感謝祭が行わ
れ、有峰ハウス玄関横のミズナラに、しめ縄を飾り、有峰太郎と名づけま
した。しめ縄をつけた有峰太郎が神々しく見えます。

ありみネットの新着情報に、祭りの写真がありますので、ごらんください。
http://www.arimine.net/

しめ縄は、魚津市の沢田恵美子さんのご指導で、新大正餅の藁(滑川市松
井昭夫氏提供)を使って作りました。

その横では、富山市の佐竹猛さんご夫婦のご指導で、トチモチや普通の餅
をつきました。臼と杵は佐竹さん提供。セイロは、亀谷のお寺からお借り
しました。飛び入りの人も加わり、楽しいもちつきでした。トチモチは、
スタッフが有峰で9月末からトチノミを拾いあく抜きをしました。

また、焼き芋を焼き、しめ縄つくりや餅つきの作業のおやつがわりに、ふ
うふういいながら食べました。

有峰ハウスの裏山に、ブナとミズナラがからまった不思議な木があります。
そこで、森の妖精から火をもらい、皆でろうそくに火を点しました。

そのあと、有峰ハウス玄関横のミズナラ前にもう一度集まり、しめ縄を飾
りました。大山町の山森直清さんが、有峰太郎と名をつけたらどうだろう
と提案され、皆が賛成し、決まりました。続いて、有峰太郎の前に立った
立山町の高堂敏春さんの詩吟を聞きました。

有峰ハウスに戻り、レイチェルカーソンのSense of Wonderの朗読にあわ
せたスライドショーを見ました。写真は、みなさんから提供していただい
たものです。
─────────────────────────────────
◆有峰の紅葉を満喫                富山市・松村 至
─────────────────────────────────
10月20日(月)、北日本新聞朝刊の一面に載った「有峰の紅葉」の写真を
見て、前日、八郎坂〜弘法平の紅葉狩りをしてきたばかりでしたが、快晴
に誘われ有峰に夫婦で出かけました。

薬師岳には3回登ったが、下山後有峰記念館に立ち寄り休憩をとる程度で、
有峰周辺をゆっくり散策したことがなかった。

月曜日だというのに記念館前の大駐車場は満車でした。みな富山ナンバー
ばかり。私たちのように今朝新聞を見てきたのでしょう。

午後2時半までに自宅に戻りたかったので、今回は幾つもある散策コース
のうち「猪根山探勝コース」だけにした。

このコースはブナの原生林が残っており、黄色に葉を染めたブナ林の中を
歩くのは何ともきもちがいい。何枚もカメラに収める。

道もよく整備されていて歩きやすい。所々に木の説明看板があり、木の名
前や特徴を学びながら歩けるのもいい。

山頂(1338m)近くの展望台からは薄っすら新雪をいただいた薬師岳の
堂々とした山容と、ダム湖を望む。ここに佇み、深まりゆく秋の紅葉を満
喫し、冬の予感にしばしひたる。

下山後、猪根山荘で開催中の写真展と俳句展を鑑賞し、帰途につきました。
─────────────────────────────────
◆小林敏信さんの写真展    編集部
─────────────────────────────────
有峰林道の連絡所(亀谷、水須、大多和、東谷、折立)で勤務しておられ
る小林敏信さんが、勤務の合間に撮影された写真展が、北陸銀行立山支店
のロビーで開催されます。11月6日〜11月28日です。
─────────────────────────────────
原稿や感想をお待ちしております。
あて先は
info@arimine.net