******************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/

有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2003年5月17日 第22号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/中川正次
(発行日現在の有峰村民人口:241人)
******************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆湖底に沈んだ昔の文化を、澄んだ水を通して現代につなげる一つの絆
                          石坂誠一
◆わくわく山菜学校参加者募集  富山県農林水産公社有峰森林部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─────────────────────────────────
◆湖底に沈んだ昔の文化を、澄んだ水を通して現代につなげる一つの絆
                   石坂誠一(東京都目黒区)
─────────────────────────────────
有峰森林文化村御中
                           4月23日

東京では八重桜が満開ですが、有峰はまだ雪の下に埋もれているのでしょ
うか。皆さんお元気にお過ごしでしょうか。

先日は、文化村村民証を送っていただいて有難うございました。No.1と書
いてありますが、こんな貴重なものを、私がいただいてよろしいでしょう
か。

私にとって有峰はただ自然の宝庫であるだけでなく、湖底に沈んだ昔の文
化を、澄んだ水を通して現代につなげる一つのきずなでもあります。是非
皆さんに大切にしていただきたいものと考えます。

実は私と共に応用化学科へ昭和17年に入学した仲間が、毎年一度夫婦一
緒に旅行する会がありまして、今年は私共が幹事であります。そこで、10
月半ば富山、五箇山、井波、高山、新穂高、有峰、富山という約20名の
バス旅行を計画しております。天気が悪ければ、有峰をとりやめることも
ありましょうが、できるだけ皆をつれて行きたく、また、俳句をする連中
が多いので、記念になるようそれぞれに一句お願いしようかと思っていま
す。

私は月に1、2回は富山に出かけますので、青葉のシーズンともなれば、
是非有峰を訪れたいと考えています。有峰が賑やかになる時が近づいて参
りました。お元気でご活躍を期待しております。

編集部注 石坂さんは、有峰森林文化村基本構想検討会の会長として、有
峰森林文化村基本構想をまとめられました。石坂さんに限らず、おおむね
10名様以上の団体の皆様から、前もってご連絡をいただければ、職員が
有峰を無料でご案内したしますので、よろしくお願いします。
─────────────────────────────────
◆わくわく山菜学校参加者募集  富山県農林水産公社有峰森林部
─────────────────────────────────
6月7日(土)にわくわく山菜学校を開催します。
詳しくは、ありみネットの新着情報をご覧ください。
─────────────────────────────────
原稿や感想をお待ちしております。
あて先は
info@arimine.net