******************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/

有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2002年9月21日 第4号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/中川正次
(2002年9月20日現在の有峰村民人口:129人)
******************************************************************
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆冷タ谷で読みたいもの 広瀬芳夫さん(富山市)
◆この秋の語り部講
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─────────────────────────────────
◆冷タ谷で読みたいもの 広瀬芳夫(富山市)
─────────────────────────────────
40年前の中学2年の時、生れて初めて、有峰口に近い中地山に住む叔母
が働いていた有峰に行きました。

大学2年の夏、再び有峰に行き、その時冷タ谷で、白樺林を見ました。こ
の時、ダニエル・キースの「アルジャノンに花束を」と新美南吉の「手ぶ
くろを買いに」を、リュックに入れて行き、湖畔で読みました。「手ぶく
ろを買いに」は中学生の時から、「アルジャノンに花束を」は高校生の時
から持ち歩いていた本です。

しかし、「手ぶくろを買いに」は、ある女性にあげました。その女性は、
卒業論文に「手ぶくろを買いに」を取り上げてくれました。また「アルジ
ャノンに花束を」は、息子が私の書斎から持ち出してしまいました。今で
も息子のアパートの本棚には、その時の本があります。

それで、私は、二つの本とも、別に買ったものを持っています。

25年程前から妻と子供達と、年に1・2回、冷タ谷等の遊歩道を歩き、
「タマガワホトトギス」「オニシモツケ」「オヤマリンドウ」「キツリフ
ネ」等の、植物の名前とその由来を、妻から教えてもらいました。

子供達は全員男ですので、今は余り無くなった「ヤマブドウ」を、木に登
り、私と一緒に猿のようになって取り食べました。

10年前から主催している「みちくさハイキング会」で毎年、砥谷半島の遊
歩道と冷タ谷の遊歩道に、ハイキングに行っています。最後に、「アルジ
ャノンに花束を」と「手ぶくろを買いに」の本の名前と粗筋を紹介してい
ます。

冷タ谷の湖畔で、白樺の葉がハラハラと落ちる秋色のなか、ピアノで演奏
した「枯葉」を聞きながら、「アルジャノンに花束を」と「手ぶくろを買
いに」を、読んでみたいです。

昨年、御佐波御前山で、友人のハーモニカの演奏で実現したのですが、や
はり冷タ谷の白樺の湖畔でピアノ 演奏で実現したいです。

さらに希望を述べれば、冷タ谷の湖畔で、星空観察会を開き、宮沢賢治の
「星めぐりの歌」を流して欲しいです。今年のお盆も、弥陀ヶ原での「星
空観察会」で、この曲を流し、歌いました。

「手ぶくろを買いに」の映像化したものが、ビデオテープで富山市立図書
館にあります。
「アルジャノンに花束を」は「まごころを君に」と言う名で映画化されま
した。ビデオテープを誰か知りませんか。

編集部注:10月12日(土)、13日(日)に、有峰青少年の家が、一泊二日
で「紅葉のワンダーランド」という有峰語り部講を開きます。その一部と
して、12日の夜には、青少年の家周辺で、広瀬さんご夫妻に「星見講」を
お願いしております。そのときには、宮沢賢治の「星めぐりの歌」も歌う
そうです。みなさん、その晩、星が見えることを、祈りましょう。

─────────────────────────────────
◆この秋の語り部講
─────────────────────────────────
1 9月28日 「どきどき!きのこフェスティバルT」は、締め切りまし
た。

2 10月12日13日 「紅葉のワンダーランド in 有峰」は、9月18日から
受けつけます。以下のホームページの主催事業を見てください。
http://www.pref.toyama.jp/branches/1287/1287.htm

3 10月19日 「どきどき!きのこフェスティバルU」は、9月25日から
受けつけます。以下のホームページの主催事業を見てください。
http://www.pref.toyama.jp/branches/1287/1287.htm

4 10月26日27日に、第1号で記事を書いていただいた中坪達哉さん(富
山県俳句連盟副会長)に企画していただいて、吟行を行う予定です。
─────────────────────────────────
有峰林道の開閉状況、天候、大多和峠からの眺望などが、ありみネットの
「今の有峰」に載っています。お出かけ前に、是非、クリックしてくださ
い。
原稿や感想をお待ちしております。
あて先は
info@arimine.net