******************************************************************
ありみネット http://www.arimine.net/

有峰村民の皆様と、ほぼ2週間に一度、双方向で交流するメールマガジン
有峰森林文化村新聞 2002年9月7日 第3号
編集/有峰森林文化村会議 編集長/中川正次
(2002年9月6日現在の有峰村民人口:123人)
******************************************************************

━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆落ち葉の下で 平内好子さん
◆冷タ谷で読んでみたい歌や詩の募集の応募状況 編集部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─────────────────────────────────
◆落ち葉の下で 平内好子(魚津市)
─────────────────────────────────
有峰西谷のブナの森。光に透けて見えるブナの樹冠が美しい。
 
落ち葉をめくりながら、「みんな、死んだら土にもどるんだよ」という言
葉を思い出す。

丸まっていたヤスデがもそもそ動き出す。真っ白なコムカデやツヤツヤの
ヒメフナムシがすばしこく通り過ぎたりする。ミミズやヒメミミズ、1ミ
リに満たない小さなトビムシやササラダニもみんな落ち葉がご馳走だ。サ
サラダニはペンチみたいな頑丈な口で硬い葉もバリバリかじる。

落ち葉も、それを食べた虫たちも、虫を食べた動物たちも、食べられ、こ
なされ、分解され、やがて養分となって土に戻り、再び、森の植物を養っ
てくれる。

ジグソーパズルみたいに重なりあった落ち葉の下で、がさごそかさこそ、
何かが起こっている。

─────────────────────────────────
◆冷タ谷で読んでみたい歌や詩の募集の応募状況 編集部
─────────────────────────────────
冷タ谷で読んでみたい歌や詩の募集を、8月末を締め切りとして募集して
きました。お二人のかたから、応募がありました。誰からも応募がないの
ではと、心配しておりましたので、ほっとしています。

締め切りを10月末まで、伸ばそうと思います。どうぞよろしくお願いし
ます。

応募いただいたものをご紹介します。

1 広瀬さん(富山市)

こんにちは。楽しい企画有り難うございます。有峰の湖畔や冷タ谷は、2
0年来よく行っている所です。

歌ってみたい歌は、宮沢賢治作詞作曲の「ほしめぐりの歌」

四季の星座が歌いこまれており、弥陀ヶ原での星空観察会の時に曲を流し、
皆さんに歌ってもらっています。有峰での星空観察会のテーマ曲にすると
よいと思います。

詠んでみたい詩は
(1)島崎藤村の詩  初恋
(2)北原白秋の詩  落葉松
これは歌にもなっていますので、歌ってみたい歌でも有ります。

2 石川さん(富山市)
題名は忘れましたが、歌詞をうろ覚えに覚えておりますので書いてみます。

遠き山に陽は落ちて、星は空を散りばめぬ、
今日おの わざをなし終えて 云々

この歌が思い出が多く大好きなものですから、書いてみました。湖畔で夕
方歌えば最高とおもいまして。

★編集部注
ドボルザークの「新世界より」の第2楽章に日本語の歌詞をつけたもので
はないかと思われます。

─────────────────────────────────
有峰林道の開閉状況、天候、大多和峠からの眺望などが、ありみネットの
「今の有峰」に載っています。お出かけ前に、是非、クリックしてくださ
い。原稿や感想をお待ちしております。
あて先は
info@arimine.net